masato-branding

記事一覧(191)

電話に縛られないトレーニングスタジオのLINE@活用事例☆彡

こんにちは(^-^)マサトーではLINEブランデイング事業をしており、LINE@を活用して集客UPや売上UPのアドバイスをしています。LINE@を導入されていない企業様などはLINE@でどういったことが出来るのか?どんな業種に向いているのか?どんな内容を配信したらいいのか?など、疑問に思われることがあると思います。そこで、LINE@をご活用されている企業様などの運用方法をご紹介していきます☆彡本日ご紹介するのは、全身型EMS(Electrical Muscle Stimulation)器具を用いたトレーニングスタジオ「X BODY Lab」様です。店舗でスタッフがマンツーマントレーニングに入ると、別のお客さまから電話があっても応対できないため、それを解決するために2015年の春頃にLINE@を導入されました。お客さまから「1:1トーク」で、「予約日時を変更したい」や「予約をキャンセルしたい」などの連絡があった際に、担当のスタッフが返信をされています。基本的には、PC版のLINE@管理画面から返信をしていて、営業時間外や外出中はアプリ版のLINE@から簡単に対応ができるためとても便利だそうです♪♪LINE@導入前に比べて、電話の鳴る回数が減り、「1:1トーク」での問い合わせが増えたとの事。トレーニング中だとどうしても電話にでることができず、何度もお客さまに電話をかけ直してもらっていたのが、今は「1:1トーク」でお互いの都合の良いタイミングでメッセージ送信ができているため、とてもスムーズになったそうです(^_-)-☆  運用面での工夫では、「X BODY Lab」アカウントは直営8店舗で共用しているため、店舗側でお客さまのアカウント名を「お客さまのお名前+(店舗名)」に変更することで、各店舗のスタッフ間で間違いが起こらないようにされています。また、「●●店舗の■■です。いつもありがとうございます。」とパソコンにテンプレートを用意していて、どのスタッフが対応してもお客さまに失礼のない対応をするように心がけられています。これから「1:1トーク」をはじめる方へのアドバイスとして、こちらのジムのようなプライベートレッスンを行うお店は、お客さまと真摯に向き合ってコミュニケーションを取ることが大事なので、「1:1トーク」はとてもぴったりなツールだとおっしゃっています!また、もしお客さまがジムを退会されても簡単に友だちを解除できるため、お店にとっても勧めやすく、お客さまにとっても無理のない距離感で始めやすいとの事★※LINE@公式ブログより引用してご紹介させていただきました。 詳しくはこちらのHPをご覧ください☆彡  ↓   ↓   ↓

お客様参加型の配信内容とは?

こんにちは(^-^)マサトーではLINEブランデイング事業をしており、LINE@を活用して集客UPや売上UPのアドバイスをしています。LINE@を導入されていない企業様などはLINE@でどういったことが出来るのか?どんな業種に向いているのか?どんな内容を配信したらいいのか?など、疑問に思われることがあると思います。そこで、LINE@をご活用されている企業様などの運用方法をご紹介していきます☆彡本日ご紹介するのは、青森県を中心にスーパーマーケットとドラッグストアの複合店舗である「カブセンター」やスーパーマーケット「ベニーマート」を展開されている紅屋商事株式会社様です。☆LINE@導入の経緯新聞折込などの多大な経費が課題で、チラシ1回につき200~300万円の費用がかかるのに対し、一般的に新聞折込での集客は部数に対して0.2~0.3%の来店といわれているとの事。この先ますます新聞の定期購読が減ることは容易に想像でき、その費用対効果に疑問を感じて、今後は「新たなアプローチが必須」だと常々考えられていました。そんな時にLINE@を知り導入を決められました。結果的に、LINE@の導入により新聞折込費を4~5%削減する事ができ、売上高も昨年同月比で102%を達成したそうです(^ω^)★これまでに反応が良かった施策「タイムライン投稿の『いいね』を押してくれたお客さまが777名を突破したら5%OFFクーポンを皆さまに配信します」という企画を実施したところ、838名の『いいね』をもらったそうです。その後配信したクーポンは782回の使用があり、企画実施前に同じ5%OFFクーポンを配信した時は117回の使用で、約6.7倍の伸びを記録されました。

LINE@に最適な運用担当者とは(^ω^)?

こんにちは(^-^)マサトーではLINEブランデイング事業をしており、LINE@を活用して集客UPや売上UPのアドバイスをしています。LINE@を導入されていない企業様などはLINE@でどういったことが出来るのか?どんな業種に向いているのか?どんな内容を配信したらいいのか?など、疑問に思われることがあると思います。そこで、LINE@をご活用されている企業様などの運用方法をご紹介していきます☆彡本日はLINE@の最適な運用担当者についてご紹介します。LINE@の担当者になる人LINE@の担当者は、・「店長」「アルバイト」・「メルマガ担当」「SNS担当」・「マーケティング担当」「PR担当」といった人がなる場合が多いです。LINE@のために専門の担当者を用意するケースは少なく、業務の合間に十分運用できます☆彡「店長」「アルバイト」が担当になった場合のメリット「店長」や「アルバイト」は店頭での接客を通じて、店舗に来ているお客さまがどのような属性でどのようなことをすれば喜ばれるかを知っています。この経験は配信内容を決める際、よりお客さまの実態に沿った具体的なメッセージに落とし込めるという点で、大きな強みとなり、刻々と変わる店舗の状況に合わせ、臨機応変に運用できることもメリットのひとつです! 例えば、雨の日限定のクーポンやお客さまが入りにくい時間帯、少ない時間帯を狙ってクーポンを送る企画は、その店舗(地域)に居る「店長」や「アルバイト」だからこそ、天候やお客さまの動きに機敏に反応して実行できる施策です。「メルマガ担当」「マーケティング担当」「SNS担当」が担当になった場合のメリット「メルマガ担当」「マーケティング担当」「SNS担当」「PR担当」などの店舗や企業の情報発信を担う人たちを担当者にする場合、メルマガやSNSなどのツールに慣れているためLINE@をよりスムーズに操作できるというメリットがあります。 情報発信に長けている点もメリットのひとつです。加えて、メルマガや他のSNSにLINE@の友だち募集の告知を掲載するなど既存のオウンドメディア上でLINE@の告知を行えます。また、今までの施策とLINE@の施策を数値比較することができる点も、このような人を担当にするメリットと言えるでしょう。担当者を決める前にLINE@の担当者を決める際、事前に、事業決裁者から「会社としてポジティブにLINE@を実施する意思」を社内に広めておくことは大事なポイントです★ 例えば、クーポンなどの割引企画をする際、社内調整もスムーズに進む傾向があります。会社や店舗全体が担当者に協力していく姿勢や体制を作り上げられているかが重要です。 まとめLINE@の運用担当者は、「店長」「アルバイト」「メルマガ担当」「SNS担当」といった人が適しています。そして、WEBサービス全てに共通して言えることですが、どのような人が担当になった場合も、お客さまから収益を上げるためには「どのようにすればお客さまに喜んでもらえるのか」を本気で考える情熱と、スキルが必要です!(^^)!※LINE@公式ブログより引用してご紹介させていただきました。 詳しくはこちらのHPをご覧ください☆彡   ↓   ↓   ↓